L I V E  H A M L E T~Give o’er the play. -芝  居  を  止  め  ろ 。~@上野不忍池水上音楽堂
昨日、千秋楽でございました。

ご来場のお客様

スタッフの皆様

お力添え頂きました皆様

共演の皆様
改めて、ありがとうございます。
そして、今回の劇場、野外音楽堂ホール、屋根付きですが屋外、夜の気温10℃足らずの中、客席で2時間ご観劇、誠にありがとうございます。気候のことではありますが、寒い中、申し訳ございません。

 

僕としては、シェイクスピア作品は、初の挑戦でした。カンパニーの皆さんは、シェイクスピア作品を熱心に勉強されたり、詳しい方々が多く、いろいろと学ばせ頂きました。
不勉強ながら、シェイクスピア:Hamletについでは今回初めて学ばせ頂きました^^;
LIVE HAMLETと言う今回の作品では「舞台、劇の中と客席、外環境の境界」、境界の存在、境界の曖昧さ。これらのことを演出の移動中のひとつとしていた作品であったようです。

この観点から

初日公演時の旅周り劇団が王宮で演じる黙劇、劇中劇場面の際、クライマックスで劇中音楽の高まりと

外環境(野外劇場の外)で鳴り響く救急車のサイレンの音が絶妙にリンクした瞬間があり、『なさにこれか!』と思っていました。

 

 

今回は、物語の中では、旅周り劇団一座と墓堀り(土木作業員)の役所を務めさせて頂きました。
Hamletの中で唯一のコミカル場面の墓堀り
難しかったですが、客席の皆様とも作品の世界を共有頂けますよう精一杯務めさせて頂きました。

最後に、改めて

寒い中、野外劇場、野外客席で共に作品を共感下さいました皆様、感謝申し上げます。ありがとうございます。

差し入れ、お花もありがとうございます⭐うれしいヾ(≧∇≦)

 

 

 

これからも、より一層精進して参ります。何卒よろしくお願い致します。
竹野聡

 

ではでは再見^^

The Show must go on. Everything happens for the best☆☆!
Satoshi

Follow me!